蝶幻塾−神州平原の夜明け-

アクセスカウンタ

zoom RSS 「人権屋」の勝共プロパガンダに騙される人々。

<<   作成日時 : 2012/04/28 15:54   >>

トラックバック 1 / コメント 0








画像




今度は、陳光誠などという人権屋が登場した。
もし、陳氏が良心のみで活躍しているなら申し訳ないが、妄想を言わせてもらうと、
電通マスコミの持ち上げぶりからして、彼もまたCIAの工作員では無いかと邪推する。


AFP通信はNATO主義なので、相変わらず陳光誠を英雄視するが、

ノーバル平和賞を受け取った劉ナントカが
「イスラエル支持」「イラク戦争支持」「英国による香港植民地化支持」だったり、



ウクライナのティモシェンコが犯罪者だったり、


ダライラマ14世が、統一教会やCIAのスパイだったり、


マスコミが「人権派」と持ち上げる連中はほぼロクデナシの連中である。




画像




勿論、中共政府の全体主義や言論の自由の無視などは問題である。
だが、多くの日本人はマスコミの流す反中プロパガンダを鵜呑みにして、
NATOの覇権や、統一教会の誘導に加担してしまっている。


年の為に言っておくが、私は日本人だし、中国政府の味方をするつもりは一切無い。
だが、この陳光誠をめぐる報道体制の可笑しさは、指摘しておきたい。
「人権活動家=絶対善」という思考停止から目覚めないと、
日本国民へのアメリカによる抑圧は続くだろう。



そして、NATOの望む日中冷戦へと誘導されかねない。


そもそも人権問題とは、日本国にも存在する。
脱原発運動への警察と右翼による弾圧、小沢一郎への冤罪・政治弾圧。


日本国は決して、共産中国を笑えない。























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 店舗
「人権屋」の勝共プロパガンダに騙される人々。 蝶幻塾−神州平原の夜明け-/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 店舗
2013/07/06 21:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「人権屋」の勝共プロパガンダに騙される人々。 蝶幻塾−神州平原の夜明け-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる