蝶幻塾−神州平原の夜明け-

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒップホップの教育への推進。 「ゆとり教育」から「米化教育」へ。

<<   作成日時 : 2012/05/23 19:37   >>

トラックバック 2 / コメント 0

2012.5.19 RK熊本講演会 「検察とメディア、そしてエセ右翼が日本の病巣」動画を公開します。」について



「同一化政策」「同化政策」は、人類の歴史であり、昔からどの国でも有ったが、
日本ほど露骨な「同一化・同化政策」が行われた国も珍しい。


アメリカンナイズは昭和時代よりはマシに成って、日本民族の文化への再評価も高まるが、
反日本的な自民党清和会(征倭界)は、またしても反日本人的な教育破壊を進めている。


http://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51759201.html


安倍元総理によるヒップホップダンス必修化で中学教員がダンス教室に通い詰めという現実



自民党清和会(アメリカ従属派)は、日本民族の伝統と文化を「小泉竹中改革」により破壊して、
日本の「ものつくり大国」を支えた、「神業的な職人」達は皆、
中国や韓国の企業に転職。
台湾系企業にしては、自動車以外の分野では日本を追い抜く勢いだ。



この「日本企業潰し」「日本人外資奴隷化」を進めた、竹中平蔵の構造改革のみならず、
学校教育に置いても、「日本民族を思考停止にして、教育から破壊する」を安倍壺三と似非保守言論人は
密かに実行した。


この度の「ダンスごり押し」はそれだろう。



ダンス、特にヒップホップなどは学校教育でやるほど価値が有るとは思えないし、
それよりも日本舞踊だとか和歌だとか短歌だとか、水墨画でも良いから、
「日本人らしい教育」をやるべきだ。



私たち、日本民族が日本の文化を學ばず、ヒップホップをやるという事は可笑しいことである。
そして、ヒップホップは元々はアメリカの下層や貧乏な人の文化であり、
学校教育でやるべき事では無い。


エンターテインメントに浸かり、電通マスコミのバラエティやワイドショーにとる
「日本人白痴化」は更に強化されて、民族的・保守的価値観はますます無くなる。




真の保守的な人々は、ヒップホップに疑問を持つべきでは無いだろうか?


ボーイズラブのような同性愛のファッション化もそうだが、
サブカルチャーによる日本民族の退廃は今後強化されるかもしれない。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン ウェイファーラー
ヒップホップの教育への推進。 「ゆとり教育」から「米化教育」へ。 蝶幻塾−神州平原の夜明け-/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/06 03:29
エアマックス 2013
ヒップホップの教育への推進。 「ゆとり教育」から「米化教育」へ。 蝶幻塾−神州平原の夜明け-/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 14:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒップホップの教育への推進。 「ゆとり教育」から「米化教育」へ。 蝶幻塾−神州平原の夜明け-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる