テーマ:マスコミ

嘘つきダライラマ14世の背後はやはり「国際勝共連合」。 

「12.3.24RK豊橋講演会「裏社会が音を立てて壊れていく。」動画を公開します。」について インド外相「中国政府を支持。」「チベットは歴史的に中華圏。」 未だに、テレビに騙されたB層は「ダライラマは徳のある平和的僧侶である。」 というイメージからの誤解を持っている。 ダライラマは宗教家では無くて、チベットを米国に売っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒップホップの教育への推進。 「ゆとり教育」から「米化教育」へ。

「2012.5.19 RK熊本講演会 「検察とメディア、そしてエセ右翼が日本の病巣」動画を公開します。」について 「同一化政策」「同化政策」は、人類の歴史であり、昔からどの国でも有ったが、 日本ほど露骨な「同一化・同化政策」が行われた国も珍しい。 アメリカンナイズは昭和時代よりはマシに成って、日本民族の文化への…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「人権屋」の勝共プロパガンダに騙される人々。

今度は、陳光誠などという人権屋が登場した。 もし、陳氏が良心のみで活躍しているなら申し訳ないが、妄想を言わせてもらうと、 電通マスコミの持ち上げぶりからして、彼もまたCIAの工作員では無いかと邪推する。 AFP通信はNATO主義なので、相変わらず陳光誠を英雄視するが、 ノー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「同性愛の商業化」はマスコミの退廃ビジネス。

「ホ●政経塾政治参画規制法案」について 別に、セクシャルマイノリティや同性愛者が悪いとかは思わないが、 今の日本の「同性愛の商業化」は少し行き過ぎたものが有る。 AKB48の、百合キスを連想させるCMが作られたり、 腐女子向けの産業、 テレビではゲイやおネイ系が連日テレビに出ている。 同性…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

スーダン紛争は、欧米のキリスト教原理主義勢力の暗躍も有った。

「広島・長崎の被爆者は短命か?」について 電通マスコミが中国を叩くネタに使っている「スーダン内戦」だが。 欧米諸国もキリスト教原理主義勢力に武器を与えていたのに、中国のみが批判されるという偏向報道が続いている。 欧米は中国のアフリカ進出を警戒している、有色人種国家にかつての植民地を食物にされるのがつまらないからだ。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

報道的スターリン主義。 光市母子殺害事件とファッショ報道・全体主義化する日本。

「2012.2.26RK伊勢講演会動画を公開します。」について そろそろ、日本も全体主義化してきた。 光市母子殺害事件は、マスコミの異常な本村さんサイドへの肩入れが行われてきた。 誤解して欲しくないですが、僕は別に死刑制度反対とかを言いたいのでは有りません。 別に、死刑制度そのものには興味も無いし、重要な議題だと思わない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more